<   2009年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

光と風に揺れて

e0142993_2134529.jpg



雨と風の強かった日の翌朝、低気圧に吹き返す風が強く吹いていました。

森のイロハモミジの枝も光と風に揺らいでいました。
by jbl4312t | 2009-04-29 21:42 |

新緑の森

e0142993_05724.jpg




早朝の森は小鳥のさえずりと新緑の香りに満ちていました。

小鳥たちの歌声も、喜びにあふれているように聞こえるのは気のせいでしょうか。
by jbl4312t | 2009-04-28 00:19 |

イロハモミジ

e0142993_059857.jpg



芽吹きの頃の森は、風のない日も騒がしそう。

音もしないのに葉っぱたちの開く音が聞こえてきそうです。
by jbl4312t | 2009-04-25 01:02 |

葉っぱのペンダント

e0142993_1011388.jpg



森は芽吹きの季節から、もう新緑の季節へと進んでいるようです。

朝の森でムクノキの新芽が芽吹いていました。

それはまるで「葉っぱのペンダント」のようにも見えました。
by jbl4312t | 2009-04-23 10:11 |

夕陽色に染まって

e0142993_2394483.jpg



桜の花が満開を少し過ぎて、花びらが空を舞い始めた頃。

夕方近くから雑木林を歩き始めていました。

しばらく気の向くまま歩いていると、あたりは夕陽色に染まってきました。

夕陽を追いかけるように歩いていると、雪柳の株が輝いていました。

雪柳の花はもう盛りを過ぎているようでしたが、夕陽が労いの光で照らしているようにも思えました。
by jbl4312t | 2009-04-21 23:37 |

むらさき色に

e0142993_23475428.jpg



幼い頃から見慣れていたこの花は、私のまわりの人はハナダイコンと呼んでいました。

「ハナダイコンと言うくらいなんだから、きっと食べられるんだろうなぁ。」と、その頃は思っていました。

実は、ショカッサイ、ムラサキハナナ、ハナダイコン、と色々な呼び名があるそうです。

毎年のようにレンズを向ける花なのに、今年はまだその機会がなくて何となく気になってはいました。

ある休日の朝、夜明け前に目が覚めてしまいそのまま散策に出かけました。

その時に近くの梅林を通ると、淡い光の下で梅の根元がむらさき色の帯のように染まっていました。

…撮り終えると、ちょっとした安堵感と共に改めてこの素朴な花の美しさを感じました。
by jbl4312t | 2009-04-19 00:24 |

黄色の星☆

e0142993_15373638.jpg



稜線に上がる前の沢沿いにサンシュユアブラチャンの木がありました。

まだ色の少ない世界で、遠めからでも黄色いつぶつぶが輝いて見えました。

植栽の木のように花付きは良くありませんが、まるで蒼い宇宙に輝く黄色の星☆のようでした。


natureflowさんからご指摘をいただきました!

私がサンシュユだと思ったこの花木は、やはり正しくはアブラチャンのようですね。

サンシュユはミズキの仲間、アブラチャンはクスノキの仲間で昔はこの木の油を焚いて灯にしていたそうです。

natureflowさんありがとうございます♪
by jbl4312t | 2009-04-16 15:47 |

ジロボウエンゴサク

e0142993_18251842.jpg



先日息子と歩いた奥多摩で可愛い花を見つけました。

花の形がムラサキケマンに似たこの花は、どうやらジロボウエンゴサクのようです。

思わずきれいな青色に見とれてしまいました。
by jbl4312t | 2009-04-15 18:53 |

タチツボスミレ

e0142993_0182035.jpg



少し前後してしまいますが、近郊の雑木林で花を閉じたカタクリを見つけたときには、

すぐ傍らで同じ紫色の小さな花のタチツボスミレが咲いていました。

More
by jbl4312t | 2009-04-14 00:46 |

桜の花、移りゆきて

e0142993_145120.jpg



今年も桜の花の開花は早かったですね。

3月下旬、老木の桜の木にも瑞々しい花が咲き始めました。

More
by jbl4312t | 2009-04-11 01:46 |

自然のなかで静かに佇む時、ゆったりとした喜びを感じています。のんびりとご覧いただければ幸いです。


by sirabiso
カレンダー