<   2010年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

冬の終わりと

e0142993_912729.jpg




まだ冬の雲が空を覆い今にも雪が降ってきそうな日、木立に囲まれた梅の木にも花が咲き始めていました。

ひとあし先に咲き始めていた白梅は見ごろを向かえ、あまり人の手が入っていない紅梅にもやっと蕾が綻び始めてきたようです。

幾つかの月の満ち欠けを繰り返して、冬の透明な大気は春の芳醇な大気へと移り変わって行くようです。

正直言って冬の好きな私は少し寂しい気持ちなのですが、そろそろ冬の神様とお別れをしなければいけないかも知れません。
by jbl4312t | 2010-02-28 12:20 |

白樺の木立

e0142993_134839.jpg

                                 2月上旬


雪原の片隅に白樺の若い木立が並んでいました。

遠い昔、沼であったろうこの地も長い年月が経つ間に湿原から草地にそして林から森に移り変わろうとしているという事なのでしょう。

今見ている永遠に変わらないと思えるような自然風景も、そのスパンからすると一瞬の変化の途中なのかも知れません。

・・・すべてのものは形を変えていく。変化しないものは何一つないのかも知れません。

白樺の若い木立を深く見つめていると、ばらばらになった心の断片を白樺の枝先がそっと拾い集めてひとつに纏め上げてくれました。

そんな時、すべての変化の核にあるしなやかで柔らかな存在に触れられたような感覚になります。

そして、永遠の循環の仲間にやっと入れてもらえたように感じます。
by jbl4312t | 2010-02-26 01:53 |

雪原を歩けば

e0142993_2318637.jpg

                                    2月上旬


朝の雪原を、パンやドライフルーツや熱い紅茶の入ったテルモスやらを詰めたザックを背負ってクロカンで歩きました。

More
by jbl4312t | 2010-02-21 23:53 |

水辺の朝に

e0142993_23315755.jpg



冷え込みの厳しい冬の早朝、水辺の雪面は朝陽の細かな光の粒子を反射させていました。

以前真冬にこの水辺に訪れた時は、周りの木々は真っ白な霧氷で見事に覆われていましたが…

その光景を思い出しながらも、朝陽に照らされた雪面の造形をカメラに収めてみました。




追伸 : おかげさまで先日、やっとPCの修復が終わりました。

    ひとりで試行錯誤していたのですがまったく闇の中で、結局プロの方を依頼しました。

    来ていただいたプロの方ふたりでリカバリーに4時間ほど要し、

    その後ひとりで初期設定やらインストールやらアップデートやらでたっぷり5時間ほどかかってしまいました。

    たいしたPCでもないのにプロの方を依頼するのはどうかと思ったのですが、

    買い換えるよりは安いので‥(その分苦労しました)やはり貧乏性ですね^^;

by jbl4312t | 2010-02-19 00:30 |

青い朝

e0142993_2291255.jpg



朝陽が山肌を照らし始めと、森の木々はその色合いを夜の闇から取り戻していました。

それとは対照的にまだ朝陽を東の稜線に遮られた雪原は、青い朝の世界で夢の続きを追いかけているようでした。




追伸 : メインPCの復旧はもう少し時間がかかってしまいそうです。

      長らくご迷惑をおかけして申し訳ありません。

by jbl4312t | 2010-02-16 22:39 |

夢と覚醒

e0142993_193918.jpg



夜空に星や月が明るく輝いている頃、森はまだ夢の中でまどろんでいるようでした。

空が乳白色のベールに包まれ、やがて最初の陽が山肌を原色の光で照らすと、光と影の対照的な光景が作り出されました。

それは何か夢と現実、夜と昼が不思議に交錯しているような感覚でした。




追伸 : 私事でご迷惑やご心配をおかけして申し訳ありません。

      まだこの書き込みはサブのPCで行っています。

      色々と試行錯誤をしてみたのですが、やはりPCのリカバリーが必要なようです。

      幸い画像データ等は外付けHDDに保存していたので助かりました。

      せっかくいただいたコメントにもお返事もご訪問も遅れて申し訳ありません。

by jbl4312t | 2010-02-13 01:43 |

春の準備

e0142993_024561.jpg



森の片隅で辛夷の花の蕾が膨らんでいました。

冷たい冬の風に吹かれながらも、辛夷の木はしっかりと春の準備を欠かさないようです。


お詫び :  自宅でメインに使っているデスクトップPCが数日前から不調になってしまいました。

        このアップはサブのノートブックPCで行っているのですが、ほとんどの画像データが

        メインの方に入っているためにしばらく更新ができないかも知れません。

        ご迷惑をおかけすることもあるかも知れませんがどうぞお許しください。
by jbl4312t | 2010-02-08 00:46 |

落葉松林の目覚め

e0142993_22333677.jpg



冷たくすべてが凍りつくような大氣の中を、ようやく冬の太陽が辛うじて暖かな日差しを落葉松林に届けてくれました。

More
by jbl4312t | 2010-02-04 22:54 |

白く輝いて

e0142993_2340454.jpg



地蔵尾根から稜線へ、

森林限界近くのダケカンバが霧氷で真っ白に覆われていました。

それは何か冬山の神様の姿を垣間見たように思えました。

雲の流れが速く、それから一時ほどで山稜全体が白いガスの中に覆われてしまいました。

そして、これから先は岩と雪と氷の世界です。
by jbl4312t | 2010-02-01 23:51 | 冬山

自然のなかで静かに佇む時、ゆったりとした喜びを感じています。のんびりとご覧いただければ幸いです。


by sirabiso
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28