<   2012年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

沢音響いて

e0142993_0511583.gif



瑞々しい新緑の樹木に囲まれた沢筋には野鳥の囀りと共に心地良い沢音が響いていました。

冷たく清らかな沢水は喉を潤してくれるだけでなく、かさついた神経も満たしてくれるようでした。
by jbl4312t | 2012-06-30 01:10 |

苔庭

e0142993_1429327.gif



沢沿いの岩床は深い緑の苔で覆われていました。

ここは山の神様が創った苔庭。

人の創った苔庭とは違い少々荒っぽい造りですが、日々姿を変え完成された形はないようです。

沢に落ちた岩に苔が生え、落ち葉や枯れ枝が腐葉土になりそれらに樹の芽が生え、

やがては森になって行く途中の姿のようです。
by jbl4312t | 2012-06-27 14:47 |

雨降る季節

e0142993_137035.gif



雨降る日、近くの小さな公園の紫陽花も雨に濡れていました。

毎年人には鬱陶しい雨降る季節ですが、日本の豊かな自然にとってはかけがえのない季節のようです。

日本に梅雨をもたらす要因は地球規模の地形や気候が微妙に絡み合う奇跡に近いものだそうです。

この季節に思い出すのが Sting の Fragile という美しく悲しい曲です。

 「いつまでも雨は降り続ける、まるで星が涙を流しているようだ。

  人というものがどれほど脆い存在か、ぼくらがどれほど儚い存在か。」
by jbl4312t | 2012-06-22 02:03 |

咲き始めの白い睡蓮

e0142993_22552332.gif



森の木立に囲まれた池にも睡蓮の花咲く季節がやってきたようです。

静かな早朝、咲き始めた白い睡蓮の花にアメンボがやってきました。

ファインダー越しに見ていると、その微かな水音が聞こえたように思えました。
by jbl4312t | 2012-06-21 00:05 | 水辺

高い空

e0142993_143668.gif



早朝の森は台風一過の高い空に白い雲が輝いていました。

沢山の枝葉が折れ落ちていましたが、森の中を心地良い風が吹きぬけていきました。
by jbl4312t | 2012-06-20 15:02 |

水辺に咲いて

e0142993_2365100.gif



雪解けの冷たい水の流れに沿うように水芭蕉の花が咲いていました。

この白い花色は厳しい冬を耐え抜いた雪の白さを宿しているのかもしれません。


e0142993_23114921.gif

by jbl4312t | 2012-06-19 00:05 | 春山

木道に沿って

e0142993_124624.gif



木道に沿って咲く水芭蕉とリュウキンカはこの時期ならではの瑞々しい風景です。

昔は一枚一枚確かめるように歩いた木道も今では立派な作りになり、誰にでも歩きやすくなったようです。


e0142993_1332896.gif

by jbl4312t | 2012-06-17 01:36 | 春山

自然の息吹

e0142993_041345.gif



野鳥が囀り新緑の萌える森に残雪の山々、そしてその雪を映したような水芭蕉の花々。

すべての命が新しい息吹に満ちているようです。

こうして一時でも素晴らしい自然の息吹に触れられるのは何よりも幸せなことだと思っています。
by jbl4312t | 2012-06-14 00:55 | 春山

しなやかに逞しく

e0142993_0442221.gif



見上げるブナの新緑はしなやかに美しく、まるで宙を舞う淡い緑色の翅のようです。


e0142993_0481291.gif



厳しい冬の豪雪に耐える幹はしなやかに逞しく、静かな森のエナジーに満ちているようです。
by jbl4312t | 2012-06-12 01:02 |

朝の森

e0142993_9383388.gif



雨上がりの森に眩しい朝の光が差し込んできました。

ブナの木々の新緑も宝石のように輝き、爽やかな鶯のアリアが森に響いていました。
by jbl4312t | 2012-06-08 09:46 |

自然のなかで静かに佇む時、ゆったりとした喜びを感じています。のんびりとご覧いただければ幸いです。


by sirabiso
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30