波間に揺られて

e0142993_0391392.jpg



下の男の子と一緒に水族館に行ってきました。

人の多さに疲れてしまいましたが、魚たちが波間に揺られている姿に癒されました。

私も少しの時間、モントレー湾にあるジャイアントケルプの森に潜った気分になりました。
# by jbl4312t | 2008-09-24 00:57 |

朝の森

e0142993_23502533.jpg



めっきり朝夕が涼しくなった頃、朝の森に新しい光が差し込んできました。

爽やかな陽のひかりを浴びて葉っぱたちも嬉しそう、

私も元気な気持ちになれそうな気がしました。
# by jbl4312t | 2008-09-22 00:12 |

群落

e0142993_11234657.jpg



ある晴れた水辺の朝、

暑い夏の日に咲いていたコウホネの黄色い花も、今ではめっきり少なくなっていました。

それはわずか半月ばかり前のことなのに、遠い昔のことのようにも思えてしまいます。
# by jbl4312t | 2008-09-19 11:38 | 水辺

小さな秋

e0142993_10263599.jpg



夏と秋の狭間のようなこの季節、

森の明るい草はらには、もうワレモコウの花穂が朝の陽を受けて輝いていました。

More
# by jbl4312t | 2008-09-17 10:51 |

金色に染まって

e0142993_0592425.jpg



天幕の設営も終わって、眺めのいい丘にひとり寝転んで雲海を眺めていました。

…そして夕陽は遙か地平線に吸い込まれように傾き、雲海は金色に染まっていきました。

もう、若い時のように尾根道を風のように歩くことも、

辛い急登を苦行僧のようにひたすら歩くことも叶いませんが、

今は今なりの山歩きの愉しみを見つけられそうです。
# by jbl4312t | 2008-09-15 01:54 | 秋山

秋色の風

e0142993_0123898.jpg



夕方近く、まだ眺めのいい山腹をゆっくり登っていました。

あまり先を急がない山旅のせいか、

雲が流れるようすや、頬にあたる風をとても心地よく感じていました。

それは、一足早いススキの穂たちも同じ思いだったのかも知れません。
# by jbl4312t | 2008-09-13 00:30 | 秋山

ならんで

e0142993_922538.jpg



夏の終り、明るい草はらにミソハギの花がならんで咲いていました。

もうすぐ咲き終える頃のこのミソハギの花も、

過ぎ行く季節とともに最後の花の時期を静に迎えようとしているようでした。
# by jbl4312t | 2008-09-12 09:41 |

夏の思い出

e0142993_1045912.jpg



草木に囲まれた森の小さな水辺、

水面に写す葉陰は夏の陽の思い出を紡ぐように揺らいでいました。
# by jbl4312t | 2008-09-10 10:55 | 水辺

湿原の彩り

e0142993_095358.jpg



夏の終わり、湿原はサワギキョウの紫色で彩られていました。
# by jbl4312t | 2008-09-09 00:13 | 水辺

秋への小道

e0142993_2339855.jpg



夏の終わりの小道、森の自然は着実に秋への道へ歩んでいるようでした。
# by jbl4312t | 2008-09-07 00:00 |

自然のなかで静かに佇む時、ゆったりとした喜びを感じています。のんびりとご覧いただければ幸いです。


by sirabiso
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31