小さな森の写真館 (a small forest story)

sirabiso.exblog.jp
ブログトップ

新緑の山道

e0142993_21270986.jpg



明るい広葉樹の木々の生い茂る山は初夏の日差しを受けて輝いていました。

鶯の囀る山道はとても清々しくて疲れも忘れてしまいます。

新緑に包まれて歩くひと時は、緑色の蒸留水を全身で浴びているような気持ち良さです。











# by jbl4312t | 2017-05-15 06:00 | 春山 | Trackback | Comments(1)

それぞれの新緑

e0142993_20443952.jpg



森は瑞々しい新緑に包まれていました。

頭上を見上げると、様々な緑色のグラデーション。

イロハモミジやミズキ、トチノキやコナラ、それぞれの新緑の世界でした。








# by jbl4312t | 2017-05-12 06:00 | | Trackback | Comments(2)

五月の風

e0142993_20114575.jpg




森の水辺では五月の風が頬を撫で、ムクノキの新芽が風に揺らいでいました。

水も木々も鳥も心地よい風に吹かれて訪れた季節に微笑んでいるようでした。






# by jbl4312t | 2017-05-10 06:00 | | Trackback | Comments(1)

花咲くイロハモミジ

e0142993_20025709.jpg



森のイロハモミジも新芽が芽吹き花咲く季節が巡ってきました。







More  続きはこちらからです
# by jbl4312t | 2017-05-08 06:00 | | Trackback | Comments(2)

卯の花

e0142993_18403952.jpg



鶯が美しい声で囀る登山道の途中、卯の花がとても綺麗に咲いていました。

「五月山 卯の花月夜ほととぎす 聞けども飽かずまた鳴かぬかも」

と万葉集にも歌われた卯の花は古くから人々の身近に咲いていたようです。






# by jbl4312t | 2017-05-05 18:48 | | Trackback | Comments(2)

二輪草

e0142993_19291760.jpg



森の奥は気温も低いせいか二輪草の咲く時期も遅いようです。

群落をつくる二輪草ですが、その清楚な姿は森の妖精という名がよく似合います。






More  続きはこちらからです
# by jbl4312t | 2017-05-03 06:00 | | Trackback | Comments(2)

山吹

e0142993_19290127.jpg



新緑香る森の中は山吹の黄色い花で満ちていました。

黄色い花に包まれるとなんだか幸せな気分になるのは不思議です。







More  続きはこちらからです
# by jbl4312t | 2017-05-01 06:00 | | Trackback | Comments(4)

イロハモミジの新芽

e0142993_07224237.jpg



緑色のない森のなかで真っ先に淡い緑色を付けたのはイロハモミジの可愛い新芽でした。






# by jbl4312t | 2017-04-28 06:00 | | Trackback | Comments(1)

芽吹きの頃

e0142993_07170203.jpg



山桜の花が咲く頃、森は芽吹きの季節も迎えていました。







More  続きはこちらからです
# by jbl4312t | 2017-04-26 06:00 | | Trackback | Comments(5)

森の花飾り

e0142993_07034102.jpg



山桜の花が森に淡い色彩を添える頃、花飾りのようなハンノキの花が咲いていました。






# by jbl4312t | 2017-04-24 06:00 | | Trackback | Comments(2)