タグ:中央アルプス ( 12 ) タグの人気記事

自然災害に思うこと

e0142993_22544895.jpg

                              (中央アルプス木曽駒ケ岳より望む御嶽山)


今回の御嶽山の噴火によって犠牲になられた方々に心より御冥福をお祈り申し上げます。

独立峰の御嶽山はその独特の山容から高い山に登るとすぐにそれと分かる山です。

御嶽山は近代登山以前の遠い昔から土地の信仰の山として登られていたようです。

特に近年ロープウェーができてからの無雪期には子供からお年寄りまでたくさん登られるそうです。

山頂付近で噴煙や噴石に巻き込まれた人たちはどんなに怖かったことでしょうか。

いち山を愛する者としてとても複雑な心境です。

自然は限りなく豊かで美しい。

でもその中には人の命なども簡単に奪ってしまうような力が内包されています。

私たちの祖先はそんな自然に畏敬の念をもって長く付き合ってきたのだと思います。
by jbl4312t | 2014-10-01 23:33 | 秋山

雲に閉ざされた紅葉

e0142993_0251816.jpg



稜線の雲の世界から下るとカールの紅葉はまだ瑞々しい美しさを残していました。

More 続きはこちからです
by jbl4312t | 2013-11-05 00:37 | 秋山

惑星の日の出

e0142993_035224.jpg



ガスの立ち込めた山頂からの日の出はまるで他の惑星(行ったことはありませんが^^;)の光景のよう。

たったひとりでそこを彷徨っているような気分でした。
by jbl4312t | 2013-11-03 00:36 | 秋山

眩い朝の光

e0142993_22522517.jpg



山頂(2956㍍)付近で日の出を待つと、湧きあがる雲の中から幻想的な朝陽が昇ってきました。

そこでは足元から上空へと舞い上がる風が吹き、あたりは眩いオレンジ色の光で満ちていました。
by jbl4312t | 2013-10-30 23:04 | 秋山
e0142993_114677.jpg



星降る夜が眠りから覚める頃、西の深い谷から雲が湧き上がってきました。

More 続きはこちからです
by jbl4312t | 2013-10-28 01:32 | 秋山

瞬く星々の下で

e0142993_0321663.jpg



一昼夜嵐が続き、翌夜に空を見上げると思わぬ満天の星々が瞬いていました。

地平線近くで明るく輝くのは中津川あたりの街の光でしょうか。

悪天を予想して三脚を持参しなかったので仕方なく岩と岩の窪みにカメラを固定してみました。

3000㍍近くの稜線から見上げる夜空はまるで天から星が降ってくるようです。

圧倒的な自然に接する時、すべての言葉は失われてしまいます。
by jbl4312t | 2013-10-25 00:55 | 秋山

押し寄せる雨雲

e0142993_1204415.jpg



夕刻近く、山頂付近(2956㍍)の稜線にも西からの雨雲が押し寄せてきました。

More 続きはこちからです
by jbl4312t | 2013-10-23 01:29 | 秋山

逆光に燃えるナナカマド

e0142993_142766.jpg



カールの斜面を登るとガスが出始めた空から降り注ぐ光にナナカマドの朱色が眩しく燃えているようでした。
by jbl4312t | 2013-10-21 01:12 | 秋山
e0142993_058278.jpg



カールの中腹から東方を見ると南アルプスの山々が雲海に浮かんでいました。
by jbl4312t | 2013-10-18 01:02 | 秋山

山腹の紅葉

e0142993_10542792.jpg



この日の紅葉の盛りは2500㍍付近の山腹のようでした。

伊那前岳(2883㍍)は根張りの立派な山、山腹の紅葉も見事でした。




e0142993_1154111.jpg



ダケカンバは所々紅葉の葉を落とし始めていました。
by jbl4312t | 2013-10-16 11:09 | 秋山

自然のなかで静かに佇む時、ゆったりとした喜びを感じています。のんびりとご覧いただければ幸いです。


by sirabiso
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31