小さな森の写真館 (a small forest story)

sirabiso.exblog.jp
ブログトップ

タグ:丹沢山地 ( 15 ) タグの人気記事

雪解け

e0142993_23181126.jpg



ブナや広葉樹の森も温かな陽ざしに、そろそろ雪解けの季節を迎えているようでした。

More 続きはこちからです
by jbl4312t | 2014-03-19 23:27 | 春山 | Trackback | Comments(5)

冬のブナ林

e0142993_1675038.jpg



山頂付近のブナ林も今年はたっぷりの雪に覆われていました。

More 続きはこちからです
by jbl4312t | 2014-03-12 16:24 | 冬山 | Trackback | Comments(7)

気持の良い冬空

e0142993_083289.jpg



見通しの良い尾根に登ると、気持の良い冬の空がどこまても高く広がっていました。

あいにく正面の富士は恥ずかしそうに雲に隠れていましたが、気持の良い休息がとれました。

More 続きはこちからです
by jbl4312t | 2014-02-28 00:16 | 冬山 | Trackback | Comments(8)

雲と山稜

e0142993_024119.jpg



空は雲のベールに覆われ丹沢主脈の山々も淡い光の中でまどろんでいるようでした。

気象条件によって美しい樹氷に覆われる手前の木々も今年はあまり見られないようです。

南西から低い雲が舌先のように忍び込むと山稜を一際引き立たせてくれました。

More 続きはこちからです
by jbl4312t | 2014-02-26 00:54 | 冬山 | Trackback | Comments(5)

夜明けの雪雲

e0142993_18468.jpg



夜には星が瞬き月の光と街の灯りが闇に浮かんでいたのに、

山の天気は分からないもので夜明けごろになると空は雲に覆われ

南西からは低い雲が流れ始めてきました。

登ってきた山稜を振り返ると、そんな雪雲の微妙な色彩の変化に惹かれていました。
by jbl4312t | 2014-02-23 01:26 | 冬山 | Trackback | Comments(4)

雪の白菜畑

e0142993_21572937.jpg



雪の丹沢山麓の白菜畑にはぎゅっと縛られた白菜たちが行儀良く出荷を待っていました。


こちらでは、週末にかけてまた大雪の天気予報が出ています。

雪国に比べれば可愛らしいくらいの降雪量なのですが

雪対策のない交通網にとっては影響が大きくなってしまいます。

家内の話しでは今日は生鮮野菜が高くなってほとん売り切れ状態だと言う事でした。
by jbl4312t | 2014-02-13 22:13 | 冬山 | Trackback | Comments(5)

春霞

e0142993_22441245.jpg



冬の間は遠方からでもあんなにすっきりと望めた富士の姿、

最近はどんなに晴れ渡った日でもその姿が見えにくくなってしまいました。

久しぶりにその姿が見たくなって、少し高い所に登ってみました。

芽吹く前の木々を超えて高みに立つと山並みの向こうに富士の姿、

真っ青な空に純粋な何かを感じさせるような残雪の白がとても印象的でした。
by jbl4312t | 2011-04-14 23:12 | 春山 | Trackback | Comments(5)

新たな気持ちで

e0142993_8534450.jpg



あけましておめでとうございます。


昨年中は大変にお世話になりました。

昨年は個人的な生活でも色々な試練の年でもありましたが、今年はそれをバネとして良い年になればと思っています。

どうぞ今年もよろしくお願いいたします。

                                          sirabiso
by jbl4312t | 2010-01-01 09:04 | 冬山 | Trackback(1) | Comments(14)

Winter's song

e0142993_22371466.jpg

        丹沢・2月


ヤビツ峠から表尾根を登り始めても、こんな寒い日にこの尾根を歩く物好きはどうやら私一人だけのようでした。

普段の生活では決して人嫌いではないのですが、

自然と接する時は独りのほうがより透明に自然の声を聴くことができるように感じています。

春も夏も秋も、自然はそれぞれに煌びやかに美しく輝いて迎えてくれます。

でも、冬は私のなかでは特別の季節です。

すべての虚飾を取り去った季節、死と生の原点の季節、凍てつく厳しい世界にそっと息づく命の季節。

アイゼンを軋ませて歩くと尾根に渡る冷たい風が体を揺らせました。

そして、足もとにはその風に耐えるように枯れ草が靡いていました。
by jbl4312t | 2009-12-21 23:16 | 冬山 | Trackback | Comments(12)

Heart of light

e0142993_995391.jpg



おかげさまで気持ちが楽になってきました。

皆様の温かいお言葉にあらためて感謝しています。

森に差し込む明るい陽の光に向かって目を閉じ、その温かさを今は感じています。

いつも、もったいぶったような言い回ししかできなくて申し訳ありません^^;

少しずつ皆様のところにお邪魔させていただこうと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

                                          sirabiso
by jbl4312t | 2009-12-18 09:21 | 冬山 | Trackback | Comments(9)