小さな森の写真館 (a small forest story)

sirabiso.exblog.jp
ブログトップ

タグ:北アルプス ( 21 ) タグの人気記事

高山に咲く花たち

e0142993_022069.jpg



尾根すじの礫地に朝の光を浴びてオンタデが咲いていました。

その左側に小さく見えるのが荷揚げ用のヘリです。

冬の間、深い雪に埋まっている山には雪解けと共にたくさんの高山植物が咲きます。

その姿には多くの登山者が心癒されるていることだと思います。

優しい姿の花たちですが、

その内側には高山の厳しい環境で生き抜くためにの芯の強さと、したたかな戦略があるようです。

今回は、時間と体力が許す限りで出来るだけたくさんの花を撮ろうと思って登りました。

一見易しそうに思える花の撮影も、登山装備一式とカメラ、三脚、交換レンズ2本を背負って

植物を痛めないように、他の登山者の登行の妨げにならないように注意しながら

小さな花たちと会話をするようにと、そのつど屈伸運動をしなければなりませんでした。

合計で300カットくらい撮ったのですが、それが限界でした(^^;

More 続きはこちからです
by jbl4312t | 2015-09-10 00:05 | 夏山 | Trackback | Comments(6)

モルゲンロートに染まる山稜

e0142993_221496.jpg



瞬く星☆の下で深い眠りに落ちていた山々も朝陽を浴びて黄金色に染まり始めていました。

ゆっくりと早朝の美しい山並みを楽しんでいたいところでが、

山岳写真を撮る者にとってはこの時間帯が一番忙しい時です。

今まで眠っていた山々が一斉に目覚め始め、光の状態も刻一刻と変化していきます。

もう、頭は空っぽでモルゲンロートに染まる神々しい山稜にレンズを向けシャッターを切っています。

More 続きはこちからです
by jbl4312t | 2015-09-07 22:26 | 夏山 | Trackback | Comments(4)

夜明けの時

e0142993_2155429.jpg



日々の暮らしで疲れ切った時の心身には夜明けの太陽などは、

また同じ日々の暮らしの合図のようなものにしか感じられないのに、

すべてを捨て去ったような気持で待つ山上の日の出は、

何かまったく新たな日々が訪れるような気持になってしまいます。

More 続きはこちからです
by jbl4312t | 2015-09-04 00:05 | 夏山 | Trackback | Comments(5)

星降る夜

e0142993_945058.jpg



夜、雲はすべて引いてしまい山の夜空は星の瞬きで埋め尽くされました。

望む剣の夜空に架かる天の川は圧倒的な宇宙の深淵を感じさせてくれました。

More 続きはこちからです
by jbl4312t | 2015-09-02 00:05 | 夏山 | Trackback | Comments(3)

山の夕陽

e0142993_8101899.jpg



眼下に見える地平線は地表と大気の接点。

今、地球の自転によって太陽の光が直接当たる側から影の領域に入ろうとしています。

山上で夕陽が沈む時はこんな宇宙的な視点を感覚で理解できます。

僕らの惑星はこんな感動的な運動を47億年も続けてきたということも。

More 続きはこちからです
by jbl4312t | 2015-08-31 08:28 | 夏山 | Trackback | Comments(4)

アーベンロートに染まる山稜

e0142993_1125442.jpg



夕刻、引き始めた雲が空に多層の帯を作り沈む太陽の光が美しい色彩で染め上げていきました。

山上で繰り広げられる夕刻のドラマは見る者の心を奪うようです。

More 続きはこちからです
by jbl4312t | 2015-08-29 01:30 | 夏山 | Trackback | Comments(5)

雲の幻想

e0142993_23112756.jpg



山ではしばしば雲が大きな役割を果たすようです。

この日も早朝は雲ひとつない晴天でしたが、昼前から雲が湧き始め午後には激しい雷雨となりました。

そして夕方になると雲が引き始め夜には満天の星が現れました。

山では谷や尾根を這う雲をガスと呼びますが、ガスの流れで目の前の光景は目まぐるしく変化します。

そんな幻想的なようすを肌で感じるのも山の楽しみや喜びのひとつかもしれません。

More 続きはこちからです
by jbl4312t | 2015-08-26 23:30 | 夏山 | Trackback | Comments(1)

お花畑を登る

e0142993_0541356.jpg



お花畑と言っても高山では大概こんな斜面にあります。

花を見ながら優雅に散策するようなことはなく、

多くの人は息を切らせながら横目でちらっと花を見て、

次の一歩を前に出すのに精一杯というところではないでしょうか。

More 続きはこちからです
by jbl4312t | 2015-08-24 01:08 | 夏山 | Trackback | Comments(4)

百花繚乱のお花畑

e0142993_23294523.jpg



小雪渓のトラバースが終わり斜面に取り付くと白馬岳に登る東斜面は百花繚乱のお花畑。

この周辺は日本アルプス屈指の高山植物の宝庫と言われています。

ハクサンイチゲ・チングルマ・タカネイブキボウフウ・シナノキンバイ・ミナマキンポウゲ・ハクサンチドリ・

ヨツバシオガマ・ハクサンフウロ・ミヤマクワガタ・クルマユリなど数々の高山植物が咲き乱れていました。

花たちは斜面の雪が解けるといっせいに咲き始め短い高山の夏を秘めた情熱で謳歌していました。

それは大自然のコンサートホールに鳴り響く壮大で多彩なシンフォニーを聴くようでした。

More 続きはこちからです
by jbl4312t | 2015-08-22 00:01 | 夏山 | Trackback(1) | Comments(3)

光射す大雪渓

e0142993_172158.jpg



雲間から夏の陽ざしが山稜に射してきました。

上空には荷揚げ用のヘリコプター(左上の蚊のように見える物)が飛んでいます。

山と空と雲と光。

純粋で広大な光景の中で小さな自分が大きな自然に気持よく圧倒されます。
by jbl4312t | 2015-08-19 01:22 | 夏山 | Trackback | Comments(4)