小さな森の写真館 (a small forest story)

sirabiso.exblog.jp
ブログトップ

タグ:尾瀬 ( 30 ) タグの人気記事

しばらくは休みのようです

e0142993_1972769.jpg



以前、山で痛めた膝が悪化したようで今は治療が必要のようです。

残念なのですが、しばらくは山行は休みで森の散策などに救いを求めなければなりません(^^;)
by jbl4312t | 2016-06-05 06:00 | 春山 | Trackback | Comments(7)

白昼夢

e0142993_0235592.jpg

                                                   (6月初旬撮影)


山や森を歩いていると、ふと今ここが現実なのか夢の中なのかその実感がなくなることがあります。

それは私だけの感覚なのか他の人もそうなのかもわかりません。

でもそれを振り払うより、そんなふわふわとした感覚を独り楽しんでいます。

残雪と新緑に囲まれた湿原に白い水芭蕉の花が咲く頃、何かに引き寄せられるように来てしまいます。

ふと思うのです。

自分の肉体が滅したあと、自分の魂のようなものがこんな風景の地を訪れているのではないかと。
by jbl4312t | 2015-07-27 00:44 | 春山 | Trackback | Comments(4)

白い群落

e0142993_23594460.jpg

                                                     (6月初旬撮影)


早朝の湿原はまだ訪れる人もなく静かな時が流れていました。

至仏の残雪で染めたような水芭蕉の白い群落もゆっくりと目覚めの時を迎えているようでした。
by jbl4312t | 2015-07-22 00:13 | 春山 | Trackback(1) | Comments(2)

水芭蕉

e0142993_23415374.jpg



雪解けとともに純白の花を咲かせる水芭蕉。

それは冬の間、深く降り積もった白い雪が花を純白に染め上げたように思えます。
by jbl4312t | 2015-07-08 23:47 | 春山 | Trackback | Comments(5)

ムシカリの白い花

e0142993_11215837.jpg



雪が溶けて山の森の木々が新緑に萌える頃、

森のなかで残雪のような白い花を咲かせるのはタムシバやムシカリの木です。

タムシバの白い花が新緑のなかで風に揺れて様子はとても美しいものです。

ムシカリの花は白い小さな蝶が群れになって新緑の葉の上にとまっているようにも見えます。

More 続きはこちからです
by jbl4312t | 2015-07-01 11:52 | 春山 | Trackback | Comments(4)

6月は桜の季節

e0142993_23402678.jpg



ここでは6月はまだ桜の季節ようです。

寒空の下、湿原に近い森ではタカネザクラの可憐な花が咲いていました。

私もテルモスの温かな紅茶を啜りながら季節外れのお花見を楽しめました。
by jbl4312t | 2015-06-25 00:01 | 春山 | Trackback | Comments(2)

緑の王国

e0142993_8212277.jpg



目に入る広さだけでもどれだけの樹木が生えているのだろう。

母なる森でどのくらいの生き物が暮らしているのだろう。

多くの命がそれぞれの魂を持って生きている。

それを五感で感じることで、心の奥底に温かな火が灯るのを感じます。

日々の暮らしに追われ都会の雑踏に揉まれる時、緑の王国を想い温かな火を感じます。

More 続きはこちからです
by jbl4312t | 2015-06-21 08:42 | 春山 | Trackback | Comments(4)

峠の森

e0142993_23315127.jpg



空の雲は何かに追われるように西から東へと忙しく流れていました。

峠の森は冬のような冷たく強い風が吹き、ブナの葉は裏になったり表になったりを繰り返しています。

雲の層が厚くなると雨が落ち、雲の層が薄くなると陽が射しこんできます。

More 続きはこちからです
by jbl4312t | 2015-06-17 01:16 | 春山 | Trackback | Comments(4)

湿原の春

e0142993_112988.jpg



雪解けが進み湿原はリュウキンカや水芭蕉の花咲く季節がやってきました。

その後、水芭蕉の花咲く季節が過ぎると次々に多彩な花々が夏まで湿原を彩っていきます。

More 続きはこちからです
by jbl4312t | 2014-06-13 01:15 | 春山 | Trackback | Comments(7)

母なる森

e0142993_0544588.jpg



洗濯物もなかなか乾かず、じめじめとした梅雨の時期に入りました。

ですが梅雨があるからこそ日本独特の湿潤で豊かな植生の森があるようです。

それは地球規模での奇跡のようなものだといいます。

そしてこの森はさまざまな動植物の命を育む母なるゆりかごのようです。

森に抱かれるように歩く時、母の胎内にいるような安らぎに満ちています。
by jbl4312t | 2014-06-11 01:14 | 春山 | Trackback | Comments(2)